成年後見人とは

畳

知的障害や精神的な障害、また認知症などにより意思能力に欠けると判断された方のために、本人に代わって財産管理や生活上の諸手続き、契約などを代行し、支援するのが成年後見人です。成年後見人には本人の家族のほか、第三者である司法書士や弁護士、社会福祉士などが選ばれています。 高齢化や認知症などの発症によりさまざまな手続きができなくなる事態に備え、あらかじめ成年後見人を選んでおきたい方は「任意後見制度」が利用できます。信頼のおける司法書士等を任意後見人として支援の内容を決め、公証役場で任意後見契約の手続きをする必要があります。 その後、判断力等が低下したと判断された場合に、家庭裁判所が任意後見契約の手続きをした人を「任意後見監督人」に選ぶことで成年後見人となります。

自分で判断することが難しいと感じたとき、成年後見という法制度を活用することが出来ます。成年後見にはすでに判断力の低下が見られる場合の「法定後見制度」と将来の判断力低下に対し準備しておく「任意後見制度」があります。 この制度は様々な手続きなどの法的な面での保護だけで無く日常生活を支えることでも活用出来ます。 成年後見のうち法定後見制度の後見人は家庭裁判所での手続きにより適任であると認めた人が選ばれます。また判断力の度合いにより「補助」「保佐」「後見」の3つの類型に分類されています。 任意後見制度に関して、後見人と共に公証人役場で手続きをおこないます。 成年後見の手続きに関して難しいと感じるなら司法書士に相談すると便利です。